留学4年目の横浜人

【完全版】1年間アメリカの田舎で語学留学したらいくらかかるのか徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎ユタ州に留学したリアルを伝えます。 映像制作にハマって早6年、現在は留学しながら 大好きな映像制作でお金をいただいてます。 映像ノウハウ、留学についての発信をしています。

【完全版】1年間アメリカの田舎で語学留学したらいくらかかるのかを徹底解説

 

こんにちは、最近はあまり良い生活してません。カイチです。

 

さて、以前のTwitterでのアンケートで

【1年間留学にかかる費用はいくらか】

という質問を頂いたので今回は

僕が語学学校に通っていた頃のことを思い出しながら

解説していきます。

 

一つだけ注意点

 

学校によって学費は様々で

毎学期変動があります。

 

そしてこの記事はアメリカ全土に共通するものではなく

僕の住むユタ州と絞った記事ですので

あくまで参考にしてくれればと思います。

 

【結論:田舎どいえども年間200万円ぐらいかかる】

【少しだけ】僕のバックグラウンド

 

 

僕は大学に付属する語学学校に通っていました。

 

期間はおよそ8ヶ月間で、

学期にすると2学期通ったことになります。

 

さらに、以前インターンシップをしていた会社は

留学斡旋系の会社ということもあり

ユタ州における留学にかかる費用を相当数網羅しました。

 

基本的に学費はあまり変わらない

 

【年間100万円】

田舎といえども学費はどこの州に通っても

あまり変動がないと思ったほうがいいです。

 

ユタ州での3学期制の語学学校の場合、

1学期にかかる学費は3000ドルほどです。

 

ですので1年間、3学期通ったとすれば日本円でおよそ100万円です。

 

ほとんどの語学学校の場合は

月曜日から金曜日まで毎日4時間、

1週間に20時間の授業があります。

 

中には月曜日から木曜日までという体系の

語学学校もありますが、

基本的に授業は毎日あると考えましょう。

 

家賃

 

【年間50万円】

家賃は様々ですが、プライベートルームで400ドルぐらいが相場です。

ここが田舎留学の大きなミソで、家賃に関しては

他の主要都市と比べても相当割安です。

 

カリフォルニア、サンフランシスコに留学する友人の話だと、

家賃は学生寮だと1000ドルくらい、

自力で探しても600ドルくらいが安さの限界

と話していましたのでかなり田舎留学の良さが顕著に出ています。

 

もしお金に余裕がある方なら月1000ドル出せば

スタジオ、もしくは1ベッド1バスの共有スペースなし

完全、自分だけの部屋が借りることができます。

 

さらにシェアルーム(一つの部屋に2人の部屋)なら

200ドル以下になることも十分ありますので

お金に余裕のない学生には大助かりの土地です。

 

カリフォルニアのアパートだと

シェアルームでも500ドルとか割と普通なので

この辺は田舎留学のいいところですね。

 

食費

 

【年間12万円】

食費に関しても物価がかなり安いので

月に100ドルかからないぐらいの計算です。

 

僕の場合、あまり外食しないので

本気で料理して3食食べても

1食あたり3ドルくらいで賄えます。

 

朝食はパンしか食べない、

もしくは食べないのですが、

 

パンに関しては大きい20枚切りフランスパンが

Walmartで60セントで売ってますので

 

朝食は1食3セント+少量のバターで合計5セントぐらいで済みます。

 

外食した場合、1食10ドルから

高いところだと30ドルくらいが相場かと思いますが、

 

なんせアメリカの田舎に住む僕ですから

たいして美味しい店がないのが現状です。

 

田舎といえども有名なハンバーガー屋なんかも多くあります。

 

とはいえ自分で作ったほうが美味しいと思い始めると

自炊もできるようになるので一石二鳥です。

 

多くの田舎都市でも

Asian Marketと呼ばれる

日本食、中華、韓国系の

食材、調味料、お菓子など揃うので

基本的には日本食が恋しくなることはないと思います。

 

カリフォルニアやニューヨークなどに観光に行くとわかりますが、

クオリティの高い日本食屋が結構多く、

 

ついつい足を運んでしまい、

軽く30ドルくらい取られてしまうので

 

そういった意味でもこのストイックな環境は

お財布に優しいところです。

 

雑費

 

【年間500ドル〜∞】

 

ここが一番難しい部分ですが、

たいして遊ぶ場所もない場所で、

 

ファッションにも興味がなく、

ほとんどユニクロで揃えてしまっているので

服にかかるお金などはほぼほぼありません。

 

僕の場合、靴も中学、高校から使ってるものもあり、

部屋着や私服もずっと使ってる服が平気であります。

 

あるとすれば友達の誕生日パーティーで誕プレを買ったり

僕の場合仕事、映像制作をしているので

その機材などにお金がかかります。

 

ただ、ほとんどの人がたまに服やゲームを買うくらいなので

そんなにかからないかと思います。

 

ただ、この雑費に関しては本当に人によると思います。

 

趣味がゲームなら発売されたゲームを買う人もいるし、

スニーカーが好きなら買う人もいるし

アクセサリーを買う人もいますので

Amazonを使いまくる留学生もそう少なくありません。

 

なのでこれに関しては自分のお財布と相談して

上限を決めるのがいいと思います。

 

車にかかる費用

 

さて、田舎留学をする際、交通網が整ってないと

皆さん車を買わないと生活できないんじゃないかと

よく聞くのですが、

僕個人の意見として

1年の留学だったら必要ないかなと思います。

 

僕のルームメイトも僕を含めて4人で生活してますが、

車を持っているのは僕だけですし、

 

学校までは学生用の無料のバスが出ていることも多いので

基本的に車がなくても生活に困ることはないかなと思います。

 

ただ、もし車が必要になった場合どのような

お金がかかるのかを説明していきます。

 

まず車ですが、

購入には最低、5000ドルは見積もりましょう。

これより下の値段だと事故車やすぐ故障する車が多いので

最低限5000ドルは見積もります。

 

ただ、1年間乗り回したとしても

個人売買をすることで

普通に4000ドルくらいは全然返ってくるので

年間1000ドルくらいの出費が考えられます。

 

売り方によっては買った時の値段以上で

売れることもあるので

売るときは慎重に取引しましょう。

 

ガソリン代

 

ユタ州の場合、日本よりかなり安いです。

 

今の時期は

1ガロン(4リットル)で2.2ドルなので

1リットル、日本円換算で大体60円ぐらいです。

 

車両保険

 

こちらは年齢、パッケージの内容によります。

ただ、基本的に語学留学するときは

皆さん20歳より下かそれくらいだと思うので

20歳の時の僕の保険の話をします。

 

そして、フルカバレッジプランを想定してのお話です。

 

21歳未満かつ国際免許で車を買って保険に入る場合

これが一番高くなります。

1ヶ月およそ400ドルくらいかかります。

 

保険会社によりますが、

国際免許で入れる保険はなかなかありません。

そして21歳未満となるとさらに値段が跳ね上がります。

 

なので1ヶ月に4万円以上という保険料になってしまいます。

 

アメリカ免許を持っている場合

だいぶ下がりますが、この場合でも

21歳未満だと300ドルくらいです。

 

【番外編】アメリカ免許を持っていて21歳以上

 

この場合、また下がって200ドル弱になります。

 

アメリカ免許を持っていて25歳以上

 

さらに下がって100から150ドルくらいになります。

 

 

保険会社も様々でかなり上下差のあるものですが、

僕が19歳の頃から車を持ち、

3つ以上の保険会社を使ってきて、

おおよその相場はこれくらいかなと思います。

 

ただ、基本的に学校の近くには

学生用のバスもありますので無料、

もしくは数十ドルの定額で使うことができると思います。

 

なので先ほども言った通り

基本的には1年間の留学で車は必要ないかなと思います。

 

航空券

 

【往復1000ドル】

 

僕の住むユタ州の場合、

日本からの直行便がありませんので

どこかで乗り継ぎをする必要があります。

(2020年には日本とソルトレイクの直行便が出る噂があります)

 

僕が経由したところで言うと、

ロサンゼルス、サンフランシスコ、ポートランドが

ありますが、基本的にサンフランシスコ経由が一番安いことが多いです。

 

値段は時期によってまちまちですが

おおよそ800ドルから2000ドルです。

 

夏や、イベントのある日だと高くなります。

 

お得情報

 

僕はJALのマイレージクラブに入っているので

航空券の特典がついてきます。

 

前回、前々回と日本に帰国する

往復の航空券は無料だったので、

ソルトレイクからサンフランシスコまでの国内線だけ

払えばいいわけです。

 

値段は片道70ドルからとかなり安いので

 

留学を迎える方は

是非マイレージクラブに入るのをオススメします。

 

まとめ

 

このように、人によってかなり

違いが出ますが、1年間語学学校に入ると

最低でも全部込みで200万円くらいを目安にしとくといいと思います。

 

スキルアップのためにと

留学を目指す学生さん、

いつでも相談に乗りますので

田舎で留学したいと思ったら

是非Twitterのフォローをお願いします!

 

質問、お問い合わせなどございましたらこちらのメールアドレスもしくはTwitterまでお願いいたします。

kaichimori0616@icloud.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎ユタ州に留学したリアルを伝えます。 映像制作にハマって早6年、現在は留学しながら 大好きな映像制作でお金をいただいてます。 映像ノウハウ、留学についての発信をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kaichi Blog , 2019 All Rights Reserved.