留学4年目の横浜人

【脱・手数料地獄】留学生にトランスファーワイズをおすすめする理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎に留学したリアルを伝えます。第二のシリコンバレー、ユタ州の大学で起業学を専攻してました。今は映像(Digital Cinema)を学んでます。なので最近はカメラ、動画編集、写真についてを学びに学んでます。

【脱・手数料地獄】留学生にトランスファーワイズをおすすめする理由

 

どうもこんにちは、

ラスベガスに向かいながらついにスマホでこの記事を書いてます。カイチです。

 

さて、留学をする上で絶対に必要なもの、

それはお金です。

 

アメリカは割と金さえあれば

なんでも解決できる国だと

思っているのですが、

あながち間違いではないと

最近思ってきました。

 

働けない留学生は

日本から送金することが度々あります。

 

この度々の送金で手数料をぼったくられると

1度の送金では大した値段ではなくとも

例えば4年間、50回送金したとすると

相当な額になるのは言うまでもないです。

 

ここで登場したのが今回オススメする

トランスファーワイズというサービスです。

 

今回はこのサービスについて解説していこうと思います。

 

【結論: 留学生は全員使うべきだと思う】

 

留学生がトランスファーワイズを使うメリット

死の後の言わずに先にさくっとメリットを挙げていきます。

これを機に皆さん登録していただければと思います。

こちらから登録できます。

トランスファーワイズを手数料無料で使ってみる

 

ここから登録した方の

初回送金手数料無料になるクーポンを貼っておきましたので

是非使っていただければと思います。

 

1. 手数料が圧倒的に安い

 

まず、銀行からの海外送金で、

よく『手数料無料!』と謳われている銀行があると思います。

 

そして全国のお母さんお父さんは

『無料ならここが一番いいね!』と思考停止して

そのサービスを使い続けるのです。

 

ここで気をつけなければいけないのは、

海外送金には2つの手数料がかかるということです。

 

1つ目は先ほど出てきた送金手数料

そしてほとんどの銀行、郵便局で隠された手数料があります。

それが為替レートの手数料です。

 

例えば、本来のドル円の為替が1ドル110円だとします。

本来の為替というのはGoogleで『ドル円 今』

とか調べたら出てきます。

 

銀行での海外送金でこの110円のレートで

取引されることはまずありません。

 

大体、112円換算で送金されたり、113円で送金されたりします。

これは各銀行が好きに決めています。

そうです。もし113円のレートで換算された時、

1ドル送金するごとに3円損します。

 

もしこれが100万円分の授業料の送金だったら?

3万円の損失です。送金だけで3万円の損失はぶっちゃけ痛すぎですよね。

 

しかしこれがほとんどの銀行で適応されています。

これにプラスしてさらに手数料が1つか二つかかるわけです。

 

これがトランスファーワイズだったらどうか。

分かりやすく100万円の送金申請をしてみます。

 

こちらが、実際に送金の申請をする直前の画面です。

これによると、送金の手数料が約8000円、為替レート保証ということで、

他社の銀行送金、サービスと比べて28000円節約しているということです。

 

 

こちらが、このサービスを含む、他の銀行、サービスなどを使用して

100万円を送金した場合の受け取ることができる金額です。

 

上から2番目が、今回紹介しているサービスですが、

1番上のSony Bankと比べて、約3ドル低いよということです。

 

しかし、その下、3番目に安い新生銀行では23ドル低い取引がされます。

一番下のPayPalに関しては4万円の損です。

これはマジで使わない方がいい。

 

ちょっと待った!

『じゃあSony Bank使った方が安いじゃん!』

と言われそうなので下に

トランスファーワイズが公式で出している記事を

載せておきますので合わせて読んでみてください。

Sony Bankの隠れ手数料に注意しろ!

 

さらにトランスファーワイズの良いところは、

安い金額の送金でも手数料は格安というところです。

 

例えば、毎月の仕送りが5万円なら、かかる手数料はたったの600円ほどです。

他のサービスからしたらありえないですよね。

 

1回5万円の送金で3000円くらい取れていたのに

銀行は涙目です。

 

【結論:間違いなくトランスファーワイズが1強です。】

 

トランスファーワイズを手数料無料で使ってみる

 

2. 世界中に口座を持つので処理が早い

 

送金をした際も割と爆速マッハで届きます。

 

日本から銀行振り込みをしたらその日のうち、

もしくは次の営業日には大体アメリカの銀行に着金しています。

あくまで着金なので

実際に口座に反映されるのはさらにその次の日とかですが、それでも爆速ですよね。

 

こうなるともう日本の口座同士で銀行振り込みするのとあまり変わらないです。

 

この仕組みは、トランスファーワイズが世界中に口座を持っていて、

日本からそのお金を送るのではなくて、

日本でトランスファーワイズの銀行口座がお金を受け取ったら

アメリカ支部に連絡し、

アメリカにあるトランスファーワイズの銀行口座から

僕の元に届く。

というシステムです。

 

これなら送金に時間もお金もかからないのは納得です。

 

まとめ

 

さて、僕から言わせれば

留学をする上で最も必要な物はお金です。

 

アメリカの大学はほとんどが

『お金さえ払ってくれればアメリカにいていいよ』

というスタンスですのでアメリカで勉強したかったらお金は大切にしましょう。

 

ここまで読んでいただいた方に朗報です!

僕から初回手数料無料のクーポンが

配布できるみたいなので是非使ってみてください。

 

僕に小銭が入る仕組みですが、

ぶっちゃけ留学生の生活の質が上がるでであればどうでも良いので、

僕に小銭が入るのが気に食わなかったら

 

初回の手数料無料は付かないですが

調べて普通に登録してみてください。

 

まじでおすすめです。

というか留学生にとっては必須のサービスです。

トランスファーワイズを手数料無料で使ってみる

 

質問、お問い合わせなどございましたらこちらのメールアドレスもしくはTwitterまでお願いいたします。

kaichimori0616@icloud.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎に留学したリアルを伝えます。第二のシリコンバレー、ユタ州の大学で起業学を専攻してました。今は映像(Digital Cinema)を学んでます。なので最近はカメラ、動画編集、写真についてを学びに学んでます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kaichi Blog , 2019 All Rights Reserved.