留学4年目の横浜人

【2021年夏最新版】動画編集で作業効率爆上がりのおすすめなマウス Logicool G502【実体験からレビュー】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎ユタ州に留学したリアルを伝えます。 映像制作にハマって早6年、現在は留学しながら 大好きな映像制作でお金をいただいてます。 映像ノウハウ、留学についての発信をしています。

【2021年夏最新版】動画編集で作業効率爆上がりのおすすめなマウスLogicool G502【実体験からレビュー】

 

こんにちは、カイチです。

今回は僕の愛用しているゲーミングマウス、ロジクールG502に関してのお話をしていこうと思います。

ここで言うおすすめとは動画編集やゲーム以外に使用することを目的とした選び方なので

 

主にキーボードやトラックパッドで行っていることがマウス内で完結することで作業効率が上がる、

疲れないなどの観点でお話していきます。

 

【結論:G502は正直高いがボタン配置に慣れればかなりおすすめ】

Logicool G502 (ワイヤレス)

 

僕が結局たどり着いた結論なんですが、このマウスめちゃめちゃおすすめです。

ワイヤレスとそうでないものが販売されていますが、ワイヤレスが圧倒的におすすめ。

 

なんたって機能性が高いしワイヤレスで取り回しも効くし

何よりも疲れないんです。

 

『いやいや、疲れないマウスなんてあるか!』

みたいな声が聞こえてくるんですが、一度手に取ったら分かります。

 

『こんなマウス使いこなせないし高いからいらない』

そう思っていた自分を怒りたいレベルなんです。

 

フリーランスで動画編集などをしていると

単価での作業なので時給換算をして、その時給を上げることが自分のお金に直結するわけじゃないですか。

 

その時給を上げるためには作業効率高めて労働時間を短くすることが最優先です。

そしてその作業効率が高まったと最も実感できた投資がこのマウスだったってわけですね。

 

今日はそんな自分に富をもたらしてくれたマウスを紹介して、何が良いのかなどの理由も書いていきます。

ベストバイな理由1

まず何がいいか。

見たら分かりますがボタンが多いです。

 

動画編集であったり、ブログもそうですが、パソコンの画面1つで完結させたいとなると

複数のタブ、アプリを一度に開き、あっちへ行ってこっちへ行ってとなりませんか?

 

仕事ができる皆様は

タブやアプリケーションを往復することが多いのではないでしょうか。

 

そんな時このマウスがあればボタンひとつでアプリを切り替えることができます。

もちろんボタンの設定次第ではあるんですが。

 

トラックパッド勢だった僕は3本の指でスワイプしてたんですが、

そのスワイプが無くなっただけでもものすごいストレスが減った気がしてます。

 

正直まあこれなら他のマウスでもできるのでこれだけではありません。

 

ベストバイな理由2

 

アプリケーションごとにボタンを割り振れること。

例えば、chromeなどのブラウザならコピーやペーストなどが主に使用するツールだと思いますが、

動画編集などで最も使う機能はコピーペーストではないと思います。

 

動画編集ならカットやテキストの挿入、あとはタイムライン上での移動、素材の読み込み、動画の早送りなどです。

これ、この全部マウス内で完結します。

 

これもボタン配置による好みだと思うんですが、

流石に11個のボタンがこのマウスに配置されてるので11機能を右手1つで補えるとなると

めちゃくちゃ助かります。

 

僕の場合は動画の再生、停止、早送り、カット、タイムライン上の移動などをマウスメインで完結させています。

 

また、補足ではあるんですが、別の会社から出ているアプリケーション、

ステアーマウスでの設定がおすすめです。

 

Logicool G502の使用感

 

ここまで読んでいる人は、『機能はわかったけど実際の使用感を知りたい』

と言う方もいるのではないでしょうか。

さて、では早速お話しします。

 

機能性は見てわかる通り高いです。

そして何よりこの持ちやすさったらないです。

 

マウスの持ちやすさなんて気にしない人いると思うんですが、

このマウス持ったらマジで世界変わります。

 

僕はApple信者でして、今までトラックパッドや、magic mouseを使用してきたんですが、

もう正直戻れないです。

 

なんというかもう本当に右手にフィットしていて、親指、人差し指、中指の位置が無理のない場所に置かれて、

手のひらで優しく包み込むような、そんな形をしてるんですね。

 

magic mouseはどうだったかというと、

もちろん使いやすさで言ったらmacOSのユーザーであればかなり親和性は高いんです。

操作も直感的なので。

 

しかしスタイリッシュさを極めているせいか、どうもフィットしないんですよね。

 

『俺は私はとにかくデザインが洗練されてるAppleのものを使う!』

といった方はちょっと一度このマウス使ってもらいたいです。

 

長時間使用していても疲れないし

スクロールのコリコリとした使用感や、

ボタン一つ一つの押した時の感覚、

 

マウスの感度など

本当にこの値段を払ってその分、いや、その倍返ってくるってレベルです。


 

まとめ

 

今回は僕の使用するゲーミングマウス、ロジクール G502のレビューをしました。

動画編集をするのであればかなりおすすめです。

もし何か仕様などで困ったことがあればロジクールのHPから質問もできますのでそちらから。

 

 

 

質問、お問い合わせなどございましたらこちらのメールアドレスもしくはTwitterまでお願いいたします。

kaichimori0616@icloud.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎ユタ州に留学したリアルを伝えます。 映像制作にハマって早6年、現在は留学しながら 大好きな映像制作でお金をいただいてます。 映像ノウハウ、留学についての発信をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kaichi Blog , 2021 All Rights Reserved.