留学3年目の横浜人

留学が無意味だと言われる理由と僕の回答

2019/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎に留学したリアルを伝えます。第二のシリコンバレー、ユタ州の大学で起業学を専攻してました。今は映像(Digital Cinema)を学んでます。なので最近はカメラ、動画編集、写真についてを学びに学んでます。

留学が無意味だと言われる理由と僕の回答

 

近年、アメリカ留学が意味ないなどという類の記事を見かけるようになりました。

その中で、いくつか代表的なトピックをピックアップしてきましたので、それについて僕なりの意見を書いてみました。

なお、今回は4年間の正規留学生についての話ですので、短期留学についての記事はまた別の記事で書いていきます。

 

アメリカに残れない

 

 

間違いないです。ほとんどの留学生は留学が終わってから自国へ帰ります。

グリーンカードや永住権を取るという手段もありますが、

宝くじレベルの抽選で当たるか、アメリカ人と結婚するか、OPTなどで卒業してから1年間アメリカの企業で勤務したのち、会社に出資してもらう必要があります。(ほぼ無理)

 

ですので、アメリカで働きたいなどの夢を持つ方達は相当な努力と運がないと厳しいと思った方がいいです。

 

日本で英語は学べる

確かに、日本では最近、英会話教室、オンライン英会話、英語専門の学校もあり、英語を学ぶ機会は増えてきました。

 

しかし、僕が思うに本当に英語を話せて、本当のグローバル人材になるためには4年間でも足りないと思っています。

実践的な英語というのは、アメリカや海外での異国人との交流や、文化に生で触れて、初めて知ることがたくさんあります。

 

例えば、もしアメリカ人との商談を任されたとして、日本の英会話に通った人間と、4年間留学した人間だったら、同じ英語力だとしても、

アメリカの文化をよく知っている後者の方が商談の成功率は確実に高いです。

なぜなら、雑談の段階で、その国の深くを知っている人間に心を開くからです。

 

 

好きなレストラン、好きな観光地や、国立公園の話などができることで、

英会話だけで培った英語との差はものすごいと思います。

 

 

英語だけじゃ意味ない

 

 

その通り、英語だけじゃ意味ありません。

もちろん英語力は日本で大きな武器になり得ます。しかしそれはたかが語学です。

 

僕自身、英語ができれば将来安泰などと言われたこともありましたが、今のご時世そうはいきません。

レジュメ(履歴書)などを書くときにも、まず実戦経験や、大きな数字を動かした経験がとても大切です。

僕から言わせれば、学校の成績や英語の能力よりも必要だと思います。

 

例えば、企業での3ヶ月から半年の長期インターン、起業経験などです。

僕のオススメは、ベンチャー企業での長期インターンです。

 

小さいところで働けばその分裁量権の大きいポジションにつけるので、

自分で結果を出すことができ、自分だけの売り上げ貢献、自分だけの数字を持つことができます。

 

数字、結果、問題解決能力、この辺を意識してみてください。

留学生の就活についての詳しいことは下の記事をご覧ください!!

 

留学生の就活と必勝法!

 

海外でやりたいことが見つかるわけではない

 

これは、人の行動によります。

しかし、僕はこの留学を経て、やりたいことが次々と変わってきました。

 

特に能動的に動いていたかと言われればそこまでではありませんが、たくさんの人に会って、たくさんの話をしたことは確かです。

 

留学当初は、やりたいことがあってアメリカに来ているつもりでした。

しかし、ある人に会って、それは本当に僕がやりたいことではないことに気がつきました。

それから路線を大幅に変更して、今僕はやりたいこと、好きなことを職にしようとしています。

 

まだまだこれから一つの出会いで僕のやりたいことが変わるかもしれませんし、

今やっていること、全て諦めてニートになっているかもしれませんが、

人に会うということは海外、日本問わず自分の人生を見つめ直すいい機会になります。

それがアメリカだと、エリートとの出会いや、アメリカンサイズの大きさで人生が変わることもあるということです。

 

 

単なる観光の延長線が留学

 

人によっては間違いではないです。

ただ、観光で人生が変わることもあるのでお金と時間に余裕がある人にとっては成長するいい機会だと思います。

それに、留学すること自体、一人暮らしをしていて、買い物やその他のすべての手続きを英語で、一人でする必要があります。

 

流石に何年もアメリカにいれば慣れますが、最初は大変です。

人に甘えてきた人間、親に甘えてきた人間にとっては、

この観光の延長線でも自分を独り立ちさせてくれるいい機会です。

 

まとめ

 

留学の4年間はかけがえのない財産になります。

4年でなくとも、半年、1年の経験も自分のことを大きく成長させてくれるいい機会です。

 

確かにデメリットもあります。

永住権が取れなくて日本に帰らなくてはいけなかったり、授業料がめちゃめちゃ高かったり、

時折、留学生は肩身がせまい身分だなとも思います。

 

でも、意味ないというのはほとんどないと思いますし、アメリカでたくさんの新しい、刺激的な経験をして、

自分の夢を語る大切さだったり、英語日本語問わず人と話す能力、

メンタルを身につけただけでも僕にとっては大儲けだと思います。

 

留学は楽しいよ。

ちょっと危険だし、ちょっとめんどくさいし、ちょっとつまらないけど、

留学して後悔は絶対しない!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kaichi
留学4年目22歳。横浜からアメリカのド田舎に留学したリアルを伝えます。第二のシリコンバレー、ユタ州の大学で起業学を専攻してました。今は映像(Digital Cinema)を学んでます。なので最近はカメラ、動画編集、写真についてを学びに学んでます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カイチブログ , 2019 All Rights Reserved.